RSS | ATOM | SEARCH
高松へ
少し前になりますが、先日のシルバーウィークに、
高松の「わたぐも舎」さんへお伺いしてきました。

いつもネットで様子を拝見していて、いつか訪ねてみたいと
思っていたのですが、遠いのでなかなか叶わず...。
今回の連休で訪問する事ができてうれしかったです。



ブルーグレイの素敵な外観。
もちろん店内もとても素敵でした。





豆こけしや紙物など。
写真の他にも、色々置いて頂いています。



店先に飾られた、ウインドチャイム。
先日亡くなられた画家、やまぐちめぐみさんが
お店のオープン時に贈られた物です。
とても良い音がしました。

あちこちに行く度に思いますが、やはり現地に足を運んで、
色んな方にお会いしたり、実物を見るという事は
とても大切な事だなと感じます。



お店の近くにあった看板。
可愛い名前。
歯科とこんにゃくの関係が気になります。





路面電車やフェリー。
高松の町の中は、あちらこちらにレトロな雰囲気が漂い、
初めての町なのに、懐かしい感じがして心地良かったです。



うどん県という事で、讃岐うどんを食べました。
こちらのお店へ、名前に少し圧倒されつつ入店...。

セルフ式だったのでドキドキしましたが、
なんとか無事に注文できました。
お出汁も麺も、とても美味しかったです。
ホテルの朝食以外では、高松ではうどんしか食べていない気が...。

実は高松へは、京都に住んでいた頃に一度、
日帰りで訪れた事がありました。
その時は夕方に着いて、屋島で夕焼けを見て
おうどん食べて、夜中に帰宅という強行軍でした。

その数年後、まさか高松のお店に作品を置いて頂く事になるとは
思っていなかったので、縁というのは面白いなと思います。

高松、とても楽しかったです。
またいつか、訪ねる事ができれば良いなと思います。



 
author:いしだゆみこ, category:日々・雑記, 11:18
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:18
-, -, - -