RSS | ATOM | SEARCH
絵の中を旅する
 昨日は神戸の南京町へ。
お目当ては森康亘さんの個展です。



森さんは、スキアッチアーレという独自の技法で
世界のあちこちの風景を描かれる方です。
スキアッチアーレとは、木を彫った上からさらに立体的に
彩色を施す技法で、そのために森さんの絵の中には、
とても奥行きのある、不思議で素敵な空間が表現されています。

絵の中には人はひとりも登場しません。
その事によって、絵の前に立った人は
自分が絵の中の旅人になったり、或いは
絵の中に出てくるお土産屋さんの店番になったり、
絵の中の路地や階段をウロウロ歩き回ったり...と
自由に心を遊ばせながら絵の中にぐっと入り込む事ができるので、
観ていて本当に楽しいです。

残念ながらこの絵の魅力は、インターネット等の平面では
ほとんど伝わりません。
実際に絵の前に立つ事ができた幸運な人にだけ、その素晴らしさが
堪能できるというのが、また素敵な事だと思います。
個展は明日20日まで。
詳しくは南京町 ギャラリー蝶屋をご覧下さい。
(*上記の蝶屋さんのHPは音楽が流れます。ご注意下さい。)



author:いしだゆみこ, category:作家・ギャラリーなど, 10:42
-, -, - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:42
-, -, - -